アイアムアヒーロー

 

アイアムアヒーローは僕が好きな漫画上位でした。
アイアムアヒーローの新刊が発売されるのを指折り数えたものです。
しかし、2017年3月、アイアムアヒーローを手に取ったら【完結】の文字が・・・。

「へ!?嘘、何!?打ち切り!?嘘だと言って!」

いいえ嘘ではありませんでした。
何が起こったのでしょう。
あんまりな終わり方に驚きです。
アイアムアヒーローについてまとめていきたいと思います。
※完全ネタバレ注意です!

 

スポンサーリンク



 

アイアムアヒーロー結末は!?

 

英雄はヒーローになれませんでした。

コロリの妄想の中ではヒーローになれたのかもしれませんが、現実の英雄はコロリを撃って、地震におびえ、空想と会話し、困ったときにてっこや藪さんや比呂美を思い出す1巻の時と何も変わらない英雄のままで幕が閉じました。

 

ちょっと気になったのですが、最終巻では英雄の顔を少し映画主演の大泉洋に寄せてきましたね。
※僕は大泉洋もアイアムアヒーローも好きなので映画を見ましたが、映画はクソです。
途中でストーリー終わるし、なぜ映画化したのか疑問なくらい。

 

アイアムアヒーロー|打ち切り説

 

映画にもなって、こんなに人気なのに打ち切りってことはないでしょう。
作者が担当ともめた?
作者が病気になった?
そこのあたりはよくわかりませんが、途中で強引に締めようとしたのはハッキリと分かります。

 

アイアムアヒーロー|第二弾説




 

アイアムアヒーローはいろいろな作者から第二弾がでています。

  • in NAGASAKI
  • in OSAKA
  • in IBARAKI

 

ただ、これらの漫画には英雄も比呂美も出てきません。
全く知らない人がゾンビから逃げています。
最初に見かけたとき、「お!読んでみよう」と思って読みましたが、別に何にもアイアムアヒーローではないです。
ただたんにゾンビもの。むしろギャグ。

 

▼ドアを思いっきりの力で開けて、手がちぎれる(!?)

 

でも、これだけ第二弾が出てるのに伏線も回収しないで本編を無理くり終わらせた意味が分かりません。
そこで、残っている伏線をざっと思いつく限り書き上げてみます。

 

アイアムアヒーローの残った伏線

 

  • 結局ゾンビは何?
  • 女王の話は?
  • クルスとは?
  • 英雄は感染しているのか?

 



★今僕がハマっているゲーム!仲間募集中★


【切ないRPG】キャラバンストーリーズ



これだけ残ってるって・・・物語の大事なところがおいてかれちゃいましたね。

 

アイアムアヒーロー(22)最新刊で新たに分かったこと

 

最新刊ではクルスの秘密について少し語られました。
でも分からない、分からないことだらけ。

 

  • 英雄を生かして苦しめようとしたのは誰なのか⇒比呂美?
  • 英雄は生きたままの方が苦しいといったのは誰なのか⇒藪?
  • 生きてといったのは誰なのか⇒てっこ?
  • なぜタカシは平凡な男の子なのにクルスにとりこまれたのか
  • 比呂美はなんだったのか
  • なぜおばちゃんが若返ったのか
  • おばちゃんの子供は誰の子供なのか(2人も)
  • なぜゾンビが引いたのか⇒比呂美が壊れたから?

 

1人ボッチの東京で、英雄のように自我が保てるのはすごいことだと思う。
しかし、剥げるくらいストレスなのでしょう。
ところで、ヘリコプターを追ってどこかへ行こうと思わないのかい?

 

▼剥げてしまった英雄

アイアムアヒーロー

ひーぽんひーぽん

むしろコロリたちは銃撃を受けたのだから、アソコに誰かが残っているかもしれないと考えないのだろうか?

 

漫画

 

本日ご紹介したアイアムヒーロー関連本

 

 

 

 

アイアムアヒーローまとめ

 

悲しすぎますが、「アイアムアヒーロー」とうタイトルがみそ。
「ユーアーヒーロー」じゃないんですもんね。

 

英雄は、自分で自分をヒーローだと言っているだけで、世界のヒーローにはなれませんでした。
藪さんも比呂美ちゃんも救えない、自分自身も変化できない、銃という高アイテムを持ってさえいても、ハイスペックのコロリには叶わない・・・・。

 

人は簡単にヒーローにはなれない・・・そんな悲しい結末でした。

 

漫画を読まない人のためにもっと詳しいネタバレ「アイアムアヒーロー♯22」完結ネタバレも用意しています!

ひーぽんひーぽん

★管理人オススメ無料漫画ベスト3★

マンガワン(亜獣譚と堕天作戦がマジでオススメ。女子には邪心の花嫁)

XOY面白いの増えまくり。何話でも無料なのが素晴らしい!男には神之塔・女子には私は整形美人)

comico何話でも無料だったのに方向性を変えて不評中。でも物語はおもしろいものばかり)